おじちゃんの戯言。

~だんじり、タイガース、日々の出来事何でもあり?~

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝利の方程式。

2005.06.07 (Tue)
藤川
ウィリアムス
久保田



完璧!パーフェクト!



今日の結果 阪神4-2オリックス
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

久々の休みを終えて、今日から関西ダービー第2ラウンド。初戦はスカイマーススタジアム。なんかどちらのチームも地元だけに、どっちのホームゲームかよくわからないですね。まぁ盛り上がっていいと思いますけど。今日は、今季初先発となる前川ですが、期待に応えること
『内外野の天然芝が美しい、大リーグのボールパーク仕様の球場』が売りのスカイマークでの1戦。ここでの最重要課題はなんてゆーても、カードの初戦を、そして火曜日に勝ち星を得ること。5月はこれが全部負けやったからな。いやなジンクスになる前に…。先発の前川は2回か
初回から仰木マジック炸裂 先発がなんと日曜日と同じ萩原??えっ と思うまもなく赤星出塁 盗塁成功 シーツタイムリーで先制。3回には追いつかれたが3回からの橋本投手良かったですね。5回にはまたもシーツの犠牲フライで勝ち越し。6回に矢野選手と藤本選手のタイム
阪神vsオリッ鉄は4-2で阪神が勝利いたしました。両先発オリッ鉄=萩原 阪神=前川で始まり初回、相手のミスなどから赤星が3塁に行きシーツのタイムリーにより阪神が1点を先制!しかし阪神先発、前川は1回の裏は3人で抑えたものの2回以降ピリッとせず満塁を作り失点
なんで關西ダービーといふのか・・・競馬となんの關係があるのだらう。そんな素朴な疑問を嫁はんにぶつけてみた。すると、嫁はんのいふことには、サッカーの影響だとか。サッカー?競馬ぢやなくて?さう、同じ地域にあるチームが戰ふ試合を、サッカーでは「ナントカ・ダービ
 6月7日、阪神vs.オリックス戦。  注目のタイガースの打順だが、ショート鳥谷が二番に入った。 先発セカンドは藤本が入り、九番を打つ。そしてライトにスペ ンサーが入り、指名打者桧山という布陣。桧山を先発で右翼に 入れ、濱中を指名打者で起用するかと思っていたのだが
オリックスのキャチャー鈴木44は、かっこいいねぇ。やのっちとどっちがイケメン?だけど、鈴木は途中交代したし、矢野は決勝のツーベースを打ったので、当然矢野の勝ち。・・・でもさ鈴木って、若かりし頃の加藤鷹に似てない?(笑)それはさておき、前川の先発。怖かった
2005/6/7 ●オリックス2 - 4阪神○。今日も抜群の安定感を見せた中継ぎ投手陣の活躍とやや下がり調子だったシーツ選手、藤本選手などの発奮によりオリックスに快勝。(1枚目の写真はヒーローインタビューを受けるシーツ選手と戸ラッキー)7回からの藤川、ウィリアムス、久保田
4対2 勝利♪初回先制するも同点に追いつかれた5回表、シーツの犠飛で勝ち越し、6回に藤本のタイムリーで加点。藤川、ウィリアムス、久保田の必勝リレーで逃げ切った。打○投○橋本・2勝1敗 久保田・1勝2敗8S(前川・橋本・藤川・ウィリアムス・久保田)場☆スカ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。