おじちゃんの戯言。

~だんじり、タイガース、日々の出来事何でもあり?~

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジモン活躍してたでなぁ。

2006.11.04 (Sat)
ブロンソン・アローヨ



後ろ髪気になるのう。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

◆全日本6-8全米◆球界の至宝・川相のスーパーテクニックを目の当たりにする絶好の機会を無惨に打ち砕かれた事による全米の怒りは依然として収まらず、この日も打線が爆発。まず2回にハワードの一発等で2点を先制。その裏、藤本,大村の連続タイムリーで追いつかれるも
これが大リーグで二冠王に輝いたパワーなんですかね。レッズのハワードがあのボンズ以来となる1試合2発だとか。残りの試合であと何本放り込むんですかね。そして井口が8番でスタメン出場してましたね。しかも2点タイムリーまでやってくれました!!!いやぁ嬉しいですね
メジャーのパワーにド肝を拔かれた。
イエ出るちょっとに雨。地下鉄の駅から地上に上がっても、すっきりしないお天気。
日米野球第2戦は、昨日に引き続きメジャー選抜が勝利。観ました~!ハワードの2本のホームラン。1本目は、逆方向へ弾丸ライナー。2本目は、バックスクリーン上のスコアボードに直撃。しかし、凄まじいパワーです。ギリギリまで引きつけて、もの凄い打球音と....
 それは、日本選抜チームの先発マウンドを任された、読売ジャイアンツの西村の戦意を挫くには十分な当たりだった。 日米野球2006の第2戦、0対0で迎えた2回表、凶弾がマウンド上の西村を襲った。 打席には、今季58本のホームランを放ったライアン・ハワード。1....
今日の日本選抜の先発はなんと西村(巨人)!出るというのは知っていたが彼は出場辞退選手の代役としての出場。今季、緊急登板となった日には好投していたその西村だが、今回は緊急(でもないかな?)的な出場でもメジャー相手に好投を見せるのかと思った....
      メジャー選抜打ち勝って連勝! 井口は2点適時打2006年11月4日(土) 21時39分 スポーツナビ  日本プロ野球選抜チーム(日本選抜)と米大リーグ選抜チーム(メジャー選抜)が対戦する「日米野球2006」第2戦が4日、東京ドームで行われ、3本
4日、日米野球第2戦が東京ドームで行われた。日本選抜が西村投手(読売)、メジャー選抜がブロンソン・アローヨ投手(レッズ)の先発で始まったこの試合。2回表、ライアン・ハワード選手(フィリーズ)の右中間スタンドへのソロHRと日本選抜の西村投手のエラーでメジャー選抜
と、いいつつぜんぜん見てないんだなーこりゃーな店主です;;福盛がえっらい打たれたと思ったらフェンス直前で失速したところしか見てません;;すさんでますよ、えーえーというわけで今日の画像は「かび!」店主が描いた絵です。いやーこーゆーのは描けるんですけどねーw
惜しい試合を逃した日本は、第2戦のマウンドに巨人の西村を送った。西村は1回こそ3人で抑えたものの、ハワードの2本のホームランなど2・3回で7被安打7失点とメジャーの力を見せつけられる。日本も里崎のホームランなどで、6点を上げて追いすがるも、4回以降はわず
日米野球:大リーグ選抜が全日本を降し、対戦成績を2勝に ○大リーグ選抜8-6全日本● 大リーグ選抜が序盤に全日本の先発・西村を攻略した。二回、ハワードの1号ソロなどで2点を先取。三回には、ハワードの2打席連続となる中越え2ランを含む6長短打を集...
米2冠王爆発!ハワード連発で全米連勝 (ロートル監督が力不足の巨人投手を使った結果)これがメジャー2冠のパワーだ。「イオン日米野球2006」の第2戦は4日、全米の主砲、ライアン・ハワード内野手(26=フィリーズ)が140メートルの
日本選抜VS大リーグ選抜が行われ6対8で米が勝った米がハワード本塁打2本や井口2点タイムリーなど8点を取り日本は藤本&大村&梵&福浦タイムリーや里崎2ランで6点を米の投手から奪うも序盤に7点を取られたのが響き2連敗だ明日は12時に今季で最後....
シーズンオフに関わらず、昨日は阪神勢が大活躍を見せたまず、マスターズリーグの試合にて東京ドリームスの選手で、元阪神の中野佐資(さとる)外野手が好守備を披露し今朝のサンデーモーニングで紹介されていた。中野選手は、村山実監督時代に大野久、和田豊と共に少年隊..
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。