おじちゃんの戯言。

~だんじり、タイガース、日々の出来事何でもあり?~

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすが本場。

2006.11.05 (Sun)
パワーパワーパワーパワー



Woo Power!


やっぱ本気のメジャーリーガーには勝てんのか?
ええとこまでいってるんやけどこのメンバーでは?!
テレビ中継も延長なしでイマイチやし。
何かヤル気ナッシングやわ。

1つでもエエからメジャーに快勝してや~

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

日本選抜VS大リーグ選抜が行われ4対10で米が勝った初回に青木の先頭打者ホームランで先制し1対0でリードし先発のコバコロも4回まで完璧も5&6回に6点を取られて逆転されて小笠原の犠風と村田&梵タイムリーで3点を返し6対4と良い感じだが久保が4点....
第1戰、第2戰と連敗した日本。けふは何としてでも勝ちたいところだつたのだが・・・
◆全米11-4全日本◆いきなり連敗スタートとなり、この日、敗れれば、早くも負け越しが決まってしまう崖っ淵に立たされた全日本は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した青木の先頭打者アーチで先制すれば、先発・小林宏が4回まで6つの三振を奪ってのパ
今日日本が負ければ負け越しの決まる、0勝2敗中の日本。初回にいきなり青木の先頭打者ホームランが飛び出し、今日は行けるか? と思われたが、5回に先発の小林宏が捕まり、6失点。7回にもまたもや久保が打ち込まれ、計11失点。11-4で敗れた。日本の目立ったとこ
日米野球2006第3戦を、途中まで映像テレ朝、音声はTBSラジオで。まさか、日本でやっている試合で最後MLB.comのgamedayのお世話になるとは思ってもみなかった。
だから何度も言ってるのに、、、 野村も懲りないやっちゃね。 何で久保やねん。 懲りないやっちゃね。 全試合井川でも良いのに。
 天国から地獄への坂道は、あまりも急だった。 日米野球2006の第3戦、日本選抜チームの先発マウンドに上がった小林宏之、先発マスクを被った里崎の千葉ロッテマリーンズバッテリーは4回まで、文字通りメジャー選抜チームを完全に抑えていた。被安打、与四死球ともに0..
 天国から地獄への坂道は、あまりも急だった。 日米野球2006の第3戦、日本選抜チームの先発マウンドに上がった小林宏之、先発マスクを被った里崎の千葉ロッテマリーンズバッテリーは4回まで、文字通りメジャー選抜チームを完全に抑えていた。被安打、与四死球ともに0..
初戦と第2戦を落として今日も負ければ勝ち越しがなくなる日本、今日は青木選手が先頭打者ホームランを放ち、3試合目にして初めて先制した。投げては先発の小林宏投手が4回までメジャーの蒼々たるメンバーを相手にパーフェクトに抑えた。 しかし、5回からはメジャーリー
今日の日米野球はねぇ~・・・最初は良かったんだけどねぇ~・・・初回に先頭打者の青木(ヤクルト)がメジャー選抜の先発・15勝左腕ベダードを相手に先頭打者ホームラン!!今日は勝ちたい日本が速攻を見せた!一方、日本選抜の先発は小林....
gooブログの小梅太夫のバナーうざいです今日の日米野球は試合スタートから中継だ、ららら~な店主ですまあ延長はないわけですが…(--;;しかも朝日だし、裏バレーだし関西ではラジオ放送やってないんですよ、マジでどないなっとるねーんと大きな声で叫びたい(でも小さ
昼間チラッと観た静岡開催のパ・リーグ東西対抗に出場してホームランを打っていた小笠原ですが、この時期に新幹線移動でダブルヘッダーやらされているとは・・。WBCから始まり、プレーオフ、日本シリーズ、日米野球に東西対抗、更にアジアシリーズ・・。本当に頭の下がる...
5日、日米野球の第3戦が東京ドームで行われた。日本選抜が小林宏之投手(千葉ロッテ)、メジャー選抜がエリック・ベダード投手(オリオールズ)の先発で始まったこの試合は、1回表にいきなり青木選手(東京ヤクルト)が先頭打者HRを放つと、先発の小林宏投手もメジャー打線相
日米野球2006第三戦、本日もまたまた東京ドームでプレイボール。今大会で初めて先制するも、11-4でまたもや日本選抜の惜敗。今日はようやく城島が代打で出場するが無安打。井口は出番なし。今日もメジャーのパワー大爆発。日本代表もエースクラス....
日米野球:大リーグ選抜が3連勝、今大会の勝ち越し決める 「日米野球2006」第3戦は5日、東京ドームで行われ、4本塁打を放った大リーグ選抜が3連勝で対戦成績を3勝0敗とし、今大会の勝ち越しを決めた。 第4戦は7日午後6時から、京セラドームで行...
全米が本気4発!マウアーが“着火”  「イオン日米野球2006」の第3戦は5日、全米が一発攻勢で11-4と全日本を粉砕。捕手史上3人目の首位打者に輝いたジョー・マウアー捕手(23=ツインズ)が逆転2ランを放てば、7回には2冠王ライア
〔4日・5日の日米野球より〕〈4日の試合〉連敗ノムさん「何が何でも勝たなくちゃ」http://www.nikkansports.com/baseball/p-bb-tp0-20061105-112862.html米2冠王爆発!ハワード連発で全米連勝http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2006/11/05/01.html...
WBCで世界一になった日本の姿はそこにはなかった。怪我やアジアシリーズの為に辞退者続出ではあった。しかしこの結果はどうなんだろう・・・。青木の先頭打者弾で先制できた。そして逆転された後にも一度は同点に追い付くなど点を重ねる事ができた。問題は投手だったんだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。